うさぎの飼い主様へ

 私自身、うさぎと暮らして約13年になります。一緒に暮らしたうさぎは8頭。このうち2頭は私が幼少期なので病気に関する記憶はありません。でも残りの6頭は、獣医師になって後、一緒に暮らしているので普通の飼い主としての思い出はもちろん、それぞれの闘病の思い出がたくさんあります。

 そして川口のHORさんのラビトリーのうさぎたち。自宅のうさぎ達とともに、彼らもまた私に多くの勉強の機会を与えてくれました。飼い主としても獣医師としても、迷い、考えさせられ、オーナーとともに喜んだり、悲しんだり・・・。彼らには心から感謝しております。そして彼らが残してくれたことを、少しでもうさぎさんたちに役立てられたら、あの子たちも喜んでくれるのではないか、その思いです。


 犬猫だったらもっと分かるはずのことが、うさぎでは分からない。犬猫なら大丈夫であることが、うさぎでは非常に重要な問題である。犬猫なら簡単に対策できることが、うさぎではその性質上困難である。本当にうさぎは難しい動物です。自分のうさぎと向き合っていても「もっと気づけることはなかったのだろうか?」「もっとできることはなかったのだろうか?」と後から考えてしまいます。

 私自身は獣医師になってずいぶん経つので、飼い主様と全く同じ立場やお気持ちを理解するというのは実際難しいのかもしれません。それでも、飼い主様のお気持ちに沿えますよう、そしてうさぎさんの問題が良い方に解決してくれるように、一緒に考えていけたらと思っています。

  病気のことだけでなく、日々の健康面のお話や食餌、生活環境のことなど、なんでもご相談いただければ幸いです。うさぎさんが快適に生活し、長生きできることを願っています。

 遠方よりお越しいただくうさぎさんに、できるだけスムーズな診察を心がけております。 待合室での待ち時間や、その間に他の動物の気配や鳴き声がすることは、彼らにとってはストレスになるでしょう。

うさぎさんたちが少しでも気持ちよく病院を利用していただけるよう、予約をお取りになられてのご利用をお勧めします。

予約の取り方

お電話で予約可能な時間をご案内いたします。

当日のお電話でも大丈夫です。

爪切りのみでのご予約はご遠慮ください。健康診断と爪切りであれば、予約可能です。

予約なしでの診察について

通常の診療時間内にお越しください。予約可能時間がいっぱいで予約できなかった方も、診療時間中であれば診察可能です。爪切りのみのご利用も可能です。

待合室で犬猫さんたちとお会いしたり、状況により待ち時間が長くなることはご了承ください。

 

*診察に使いますので、なるべくバスタオルをご持参ください。

*健康診断の際にはウンチを少量、お持ちください。